パソコンのOS

自宅とクリニックで使っているメインのパソコンはOSがlinuxです。詳しくは、Debian GNU linux の sarge です。このブログもそのパソコンで書いています。なんでWindowsやMacじゃないのかと聞かれることがあります。インストールはやや大変ですが、速い、軽い、安いが揃っています。自宅で使っているハードは、Gateway2000のGP7という pentium3 733Mhz メモリー256MBで6年前に発売された物です。Windows XP であれば相当ゆっくりだと思いますが、全く気にならない速さで動いています。さらにOS代が只です。また、優秀なフリーソフトが揃っています。ブラウザのFirefoxやメールクライアントのthunderbird、office関連ソフトを集めたopenoffice、画像処理のGIMPなど、フリーとは思えない物ばかりです。

私の風邪と漢方

診察中に、「先生は風邪をひかなくていいですね」と言われる事があります。
実は子供の頃から風邪をひきやすく、少なくとも年数回は学校を休んでいました。毎回同じ状態で、38度の熱と咽痛、咳嗽、食欲低下があり、解熱剤の注射をされた記憶があります。漢方の知識で考えると太陽と少陽の合病か少陽病の状態のどちらかなので、小柴胡湯や柴胡桂枝湯などが効いただろうなと思います。
医師になってからも風邪の患者さんが多い季節になると、よく風邪をひいています。今は漢方の知識がありますので、くしゃみと鼻水の風邪では小青竜湯、咽痛と咳では越婢加朮湯(越婢加半夏湯)、鼻詰まりと肩こりでは葛根湯などを適宜服用しています。
風邪の漢方治療で難しいのは、時間とともに飲む薬が変わる場合があることでしょうか。テレビで、「風邪のひき始めには葛根湯、こじれた風邪に小柴胡湯」と一時宣伝していましたが、最初から小柴胡湯の風邪をひく場合もありますし、朝は葛根湯の適応状態で、夕には小柴胡湯の適応状態に変化する事もあります。
風邪の様に変化が多い病気では、処方する時点の脈と舌、症状がわからないと薬が決まりません。「一家に一人漢方医がいると便利だね」と言われた事があります。

原因不明の腹痛と大建中湯

一昨年の秋に、腹痛の患者さんが10人以上来院しました。初めての患者さんや、以前当院に通院していた方、現在他の病気で通院中の方など様々でした。ほとんどの方が下痢をするわけでもなく、涼しくなってきてからお腹が痛む様になったとのことでした。胃や腸の検査を受けた患者さんもいましたが、特に異常を認めた方はありませんでした。胃腸の痛み止めとされる抗コリン薬の有効性は一時的なものでした。
都立大塚病院東洋医学科勤務時に、外科から一人の腹痛を主訴とする患者さんが紹介されてきたことを思い出しました。その患者さんは数年間にわたり、秋から春に腹痛が起き、夏には腹痛が起きません。胃の検査や腸の検査、腹部CTスキャンなど行ったが異常なしとの診断を受けていました。寒い時期に腹痛が出るためお腹を暖める働きのある「大建中湯」を処方したところ、次第に腹痛は軽減し、翌年には腹痛は出なくなりました。
一昨年の秋に腹痛を訴えて来た患者さんも、ほとんどの方が大建中湯で腹痛が治まりました。大建中湯で良くならなかった方も、大建中湯に近い処方で治りました。その年の夏が猛暑であったため、冷えた物を大量に摂取した影響が、涼しくなって出現したためです。

学園際


昨日は、長男の行っている高校の学園際でした。
朝9時過ぎに着いたので、人はまばらでしたが、お昼頃には人混みでした。男子校なのに制服姿の女子校生ばかりで、さらにあまりにも多彩な制服で、ん~ここはどこといった状態。長男はライブラリークラブで古本の販売をしていたため、『楢山節考』と『人づきあいの日本史』を購入しました。後でゆっくりと読む予定です。ギターアンサンブルや茶道部、奇術部を見てまわりましたが、それなりに努力が見える活動でした。

趣味その2


趣味といえば、工作関係は好きで、たまにやっています。つい最近↑を作りました。学研の真空管ラジオです。作ったといっても殆ど出来上がっていて、20分程度の作業でした。半田づけをするのは10年ぶりで、子供達に「半田ごて、あったんだ」といわれる始末でした。

趣味

高校生の頃は、アマチュア無線が趣味で、田舎にあった自宅に大きなアンテナを上げていました。そのアンテナは今も自宅の裏山にあり、避雷針の代用になっています。
今の趣味は何でしょうか。水曜日は他院に手伝いに行っているため、あまり趣味らしい趣味は日曜日くらいしかできません。
一時は次女と秋葉原散策が趣味でしたが、最近行っていません。
日曜は何をしているかといえば、料理をしている事が多いかも知れません。10年ぐらい前から、なぜかインドカレーに興味を持ち、スパイスを数種類買い集め、料理本を見ながら料理を作り始めたのが最初です。最初の頃は、失敗をして食べられない料理を作った事もずいぶんとありました。子供達に「お父さんの料理は、美味しいか、食べられないくらいまずいかどっちかだね」といわれた事もあります。ここ5~6年はインド料理に限らず、ピザやパン、和え物など普通の料理も作るようになりました。味の保証はできかねますが。

六味丸で下痢が治った話

漢方治療では逆と思える治療が奏効する事があります。
私が北里研究所東洋医学研究所に勤務していた頃、初診を花輪壽彦所長(当時は副所長)に受けた患者さんが、2度目の診察を受けるために私の外来に来ました。主訴は下痢で、花輪所長の処方は八味地黄丸でした。多少でも漢方治療の知識のある人には無謀とも思える治療です。というのは、八味地黄丸には下痢の副作用頻度が高い「地黄」が含まれているからです。下痢の患者さんに下痢の副作用のある八味地黄丸を処方することは普通は考えません。この患者さんは「漢方薬を飲んだところ、長年の下痢がよくなりました」と大変喜んでいました。
六味丸は八味地黄丸から附子と桂皮を抜いた漢方薬で、やはり「地黄」が含まれているので下痢の副作用があります。頭痛がなかなか治らない患者さんに、この六味丸をお出ししました。頭痛は六味丸でほぼ良くなりましたが、それと同時に子供の頃から続いていた下痢も改善しました。
漢方って不思議です。

院長の似顔絵

院長の似顔絵のページがありますが、これは次女が数年前に書いた絵です。6年生の次女の塾の先生がこのHPを見てくれたようで、6年生の絵らしくないとのコメントを頂いた様です。もうしばらくしたら、HP全体を更新する予定ですので、似顔絵も新しい絵に変更致します。

インフルエンザについて

インフルエンザ予防接種が10月1日より始まりました。昨年のインフルエンザ公費接種は11月1日からでしたが、今年は1ヵ月早く始まりました。
インフルエンザ予防接種に関してよく質問される事があります。
Q.接種当日は風呂に入ってはいけないのか。
A.接種後1時間過ぎれば入浴可能です。入浴中は接種部位にはなるべく触らないようにすること。
Q.どの位過ぎれば効果が出るのか。
A.接種後2種間程度で予防効果が出るといわれています。ただ、予防効果は100%ではありませんので、接種した方でもインフルエンザにかかる可能性はあります。
Q.接種部位は揉んだ方がよいのか。
A.軽く1~2回程度揉んで、その後は少し押える程度で問題ありません。
Q.どんな副作用があるのか。
A.急激に血圧が低下して命に関る状態になる、アナフィラキシーショックが一番問題になる副作用です。このアナフィラキシーショックは頻度が低い副作用です。それ以外は、注射部位の硬結、疼痛、発赤、軽度の発熱、頭痛など色々なものがあります。
Q.2回法と1回法のどちらがいいのか。
A.2回法の方が効果が高い事がわかっています。2回法は1回目の注射の後1~4週間の間に2回目の注射を行います。

高校生の頃

昨日から、一泊二日で福島に行って来ました。私の両親が福島県二本松市にいるので手伝いがてらの帰省です。昨年から二本松市に編入された場所なので、市とはいえ山深い所です。私が子供の頃には、小学校と中学校は家のすぐ前にあったのですが、現在は中学校は統合され、通学バスで行かなければなりません。
高校はバスで行かなければならない場所にあり、私は福島市内の高校にバスで1時間強の時間をかけて通学していました。バスは朝は1本で、帰りは2本しかありませんでした。そのバスが途中で止まったことが3度ありました。1度は大雨で道路の一部が崩れていたため泥を除くまで動けませんでした。他の2回は田舎ならではのことで、一度は道路の真中に原付バイクが駐車してあり、バスがクラクションを鳴らしたところ、道路沿いの畑で作業をしていた人がのんびりと出て来ました。もう一度は、牛が道路上まで逃げて来ていたなどという事がありました。今は交通量が増えたのでこんな事はもうないかも知れません。