米麺を作ってみました。

小麦アレルギーが発覚してから、うどんを食べていません。ネットで米麺を見つけたので、さっそく取りよせました。

茹でてみると、米なので普通のうどんより真っ白です。ざるうどんにして食べましたが、食感はウドんですが、当たり前ですが味は米です。なかなかいけます。

暖かくして食べてもみましたが、普通のうどんと同じ感じで食べることができました。それなりにおいしいです。

 

米パン

突然ですが、院長の小麦アレルギーが発覚しました。湿疹が治りにくいので、血液検査をしたところ、小麦、蛾、ハウスダスト、コナヒョウヒダニ、ヤケヒョウヒダニで陽性反応が出ました。パン、パスタ、うどん、ラーメン、ソバ、ピザなど小麦が入っているものを制限しなければなりません。手始めに、米粉(こめの香 米粉パン用ミックス粉グルテンフリー )を購入してパンを作りました。出来上がった香りはパンですが、味はやっぱり米です。でも美味しくいただきました。次は米麺に挑戦してみようかと思います。



創作麺工房鳴龍のカップ麺

クリニック近くの創作麺工房鳴龍が、NISSINから坦担麺のカップ麺を出しました。4月25日からコンビになどで発売するそうです。お店でもらったので、さっそく食べてみました。お店で食べる坦坦麺の味がよく出ています。不思議ですが、このカップ麺を食べるとお店に行きたくなります。ちょっとだけもの足りないからかもしれません。

https://www.nissin.com/jp/news/5146



 

創作麺工房 鳴龍

クリニックから歩いて2分くらいに、行列のできるお店があります。 http://www12.plala.or.jp/nakiryu/ 創作麺工房鳴龍です。5年くらい前の開店当初に一度食べて、その後はしばらくご無沙汰していました。美味しいんですが、いつも多人数が並んでいるので、ついつい疎遠になっていました。昨年秋から時々お邪魔していますが、ミシュランガイド東京2016のビブグルマンに掲載されてから、さらに混んでいます。坦々麺が有名で、他もそれぞれの美味しさです。今日は坦々つけ麺+チャーシューを食べました。

「日経大人のOFF」に院長登場

院長が、「日経おとなのOFF」にアドバイザーとして登場しています。スパイスが効く!漢方医が伝授 夏の元気はカレーで作る 待合室にも1冊置いてあります。レシピも載っています。ぜひご覧ください。

酒を飲まなくなりました その2

酒を飲まなくなり、6ヶ月が過ぎました。宴会でも、ちょっとだけ酒の味見をする程度で、ほとんど飲んでいません。

だんだんと生活も変化してきました。前回も書きましたが、甘い物を食べることが増え、コンビニなどでは寄ったことのない「お菓子コーナー」についつい足を運ぶようになりました。先日もネットで見つけた、ハッピーターンアイス(ちょっと塩味ですか)を買ってしまいました。また、飲んでいる頃は邪魔物だった食後のデザートが、待ち遠しく感じます。それよりも、外で食べる機会が減ってきました。食事は、お酒を飲んだ方が豪華に感じ、飲みながらゆっくり食べることは、楽しみでもあります。飲まないと、パパッと食べてしまうので「じゃあ家に帰ってから食べるか」となって外食が減りました。

 飲酒をしていると、酒を飲むために行動していますが、飲酒していないと、上述の甘いものを食べるために行動をする様です。「こんなお菓子が食べたい、こんな果物が食べたい」という発言が出てきました。今までは、「いかに美味しい酒の肴を食べるか」が食事の中心でしたが、「美味しデザートは何か?」「甘いフルーツはどれか?」ばかり考えています。甘いものばかり食べるので、太るかと思いましたが、案外体重は変わりません。

 時間の使い方も変化しました。夕食時は、ゆっくり食事をしながらお酒を飲んだり、夕食後に数時間飲酒をしたりしていました。飲まないと食事は20分もあればおしまいなので、その後は好きなことをしています。本を読んだり、パソコンで調べ物をしたりなどです。いくら時間があっても足りない、現在の私の状況には大変マッチしている様です。

 30歳代や40歳代にも、半年程度飲まない期間がありました。今回も時期的には、そろそろ復活するかもしれません。

朝からパスタ



朝からパスタを作ってみました。にんにくを小さく刻んでオリーブ油で炒め、そこに2cm角切りのキャベツとよく洗ったあさりを入れます。さらに炒めたら茹で上がったパスタを入れ、塩、胡椒で味を整えて出来上がりです。刻んだ鷹の爪を入れれば、ペペロンチーノになります。

 

本郷三丁目 MEGROに行きました





知人の婿さんが、鮪の居酒屋を始めたと聞きさっそく行ってみました。場所は、地下鉄本郷3丁目駅のすぐそばのビルの奥にありました。大塚からは、バスでも行けるし、丸ノ内線の新大塚駅から乗り換えなしで行けます。

郷三丁目なのに店名は「MEGRO」。昔は鮪のことを「めぐろ」と言ったのが店名の由来とか。知人が鮪の仲卸をしているので、仕入先は間違いないお店で
す。ダルビッシュ似の店主がお出迎えしてくれました。まずは「バチMEGRO盛」を注文しました。食べてみて、幸せと思える味です。「マグロの自家製テー
ルステーキ」「MEGRO生ハム」「MEGROアボガトのミルフィーユ」「目玉の煮付け」など、次々に注文しました。ビールと日本酒を飲みながら食べると
大変美味しく、かなりの量を平らげてしまいました。居酒屋とは思えない料理で、久々に満足でした。

〒113-0033 東京都文京区本郷2-40-13 ベルショップ本郷103
MEGRO
電話050-5797-8422

煮干しそば暁



 クリニックから徒歩1分のところに3月に開店したので、気になってはいましたがやっと行けました。色々なだしを混ぜて美味しいスープに仕上がっています。煮干だけでなく、大山鶏も使っています。麺もさっぱりしていて相性は抜群です。ラーメンはあまり好きではないのですが、美味しくて思わず写真を撮らせてもらいました。単品800円です。ぜひご賞味あれ。